バイクに乗るときは普通のジーンズはNG?

バイクに乗るときは普通のジーンズはNG?

バイクに乗るとき、いわゆる「普通のジーンズ」で乗るのは良くないのでしょうか?

そもそもジーンズは作業着としてアメリカで誕生したもの。どんな服にも合わせやすく、気軽に着こなせるタフなパンツとして老若男女問わず人気のアイテムになっています。

一般アイテムとして定番ですから、普通のジーンズを着用してバイクを運転する方も沢山いらっしゃると思います。

結論から言うと、普通のジーンズがダメということはありません。

肝になるのは、ジーンズに限ったことではなく、身に着けたときのライディングの際の動きやすさや着心地です。

動きにくければ操作に影響が出で安全とはいえませんし、汗をかいてピタリと肌についてしまえば、不快感でせっかくのツーリングの気分が妨げられてしまいます。

では、どういったジーンズがライダー向きなのでしょうか。

近年では、一般アパレルのジーンズにも、ストレッチの効いたデニム素材や風をシャットアウトする暴風デニムなど、様々なタイプのジーンズを比較的安い価格で購入できるようになりました。ちょっとそこまで、や、街乗りくらいならこれらの機能性ジーンズでもOK。

一方で長距離を走るようなツーリングですが、こちらはやはりバイク用に設計されたライディングジーンズが快適です。

ホンダから発売されているラインアップ「プロテクトストレッチデニムジーンズ」を例に見ますと

ロールアップした裾の部分には、夜間での被視認性を向上させるために「リフレクター」が装備されていたり

商品名になっているように普通ジーンズよりもストレッチの効いたデニム素材を使用しているので、伸縮性があり、普通のデニム素材よりも着用感が良い設計になっています。

更に安全装備として、衝撃吸収性を持つ「CE Level2 ニープロテクター」が標準装備され、ベルクロにより位置調整が可能になっています。

ジーンズのほかに、カーゴパンツなど、ジャケットや車種などに合わせてコーディネートできるように、豊富な種類・カラーとサイズ展開が発売されています。

スマホや手回り品などの小物を入れておけるポケットがついていたり、機能性にもこだわったアイテムがたくさんあります。

バイクに乗るけれど普通のジーンズしか持っていない、という方、一度ライダー専用のアイテムをお探しになってみて、その差を体感してみてはいかがでしょうか。

 

バイク便・軽貨物 トレンドエキスプレス
0120-50-3382

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *